栄光神奈川鑑定

首都圏では戦後間もない頃、地主は余った土地を第三者に賃貸して地代を得て生活の糧にしていた。賃貸借契約を交わすに当たっては本来であれば権利金を授受すべきなのだが、権利金は授受されていない。賃他借契約から相当年数が経過すると借地人に借り得は発生して借地人に借地権が発生するようになった。この借地権は不動産市場では取引の対象となった。住宅地域での借地権割合は東京都では70%、神奈川県でな60%が借地権の慣行的借地権割合になっている。それに対して底地割合は東京都では30%、神奈川県県で

お問い合わせはこちら 相談予約/日程調整

〒210-0841 神奈川県川崎市川崎区渡田向町20-3
JR「川崎」駅徒歩約15分

首都圏では戦後間もない頃、地主は余った土地を第三者に賃貸して地代を得て生活の糧にしていた。賃貸借契約を交わすに当たっては本来であれば権利金を授受すべきなのだが、権利金は授受されていない。賃他借契約から相当年数が経過すると借地人に借り得は発生して借地人に借地権が発生するようになった。この借地権は不動産市場では取引の対象となった。住宅地域での借地権割合は東京都では70%、神奈川県でな60%が借地権の慣行的借地権割合になっている。それに対して底地割合は東京都では30%、神奈川県県で

首都圏では戦後間もない頃、地主は余った土地を第三者に賃貸して地代を得て生活の糧にしていた。賃貸借契約を交わすに当たっては本来であれば権利金を授受すべきなのだが、権利金は授受されていない。賃他借契約から相当年数が経過すると借地人に借り得は発生して借地人に借地権が発生するようになった。この借地権は不動産市場では取引の対象となった。住宅地域での借地権割合は東京都では70%、神奈川県でな60%が借地権の慣行的借地権割合になっている。それに対して底地割合は東京都では30%、神奈川県県で

2023/12/24

東京都や神奈川県の首都圏では以前から土地の賃貸借が多くあつた。時期的には戦後間もない頃、地主は余った土地を第三者に賃貸して地代を得て生活の糧にしていた。賃貸借契約を交わして相当年数が経過すると借地人に借り得部分が発生してそれが借地権価格の基になり不動産市場で取引の対象になった。

完全所有権割合に対して借地権割合は東京都で70%、神奈川県で60%が慣行的借地権割合になっている。それに対して底地権割合は東京都で30%、

神奈川県で40%になっている。このパターンは借地権割合と底地権割合を合算すると100%になる。

しかし、不動産市場ででの借地権の売買は賃貸借当事者間取引が多いが借地権を第三者に売買する場合もある。この場合は借地人は地主のしょうたくが必要になっている。その場合、借地人は地主に借地権割合の10%相当分を承詫料として支払うことが慣行的になっている。そうすると借地権割合は東京都の場合は70%から7%を控除した63%が借地権を第三者に売却する場合の借地権割合になる。

これに対して、借地権を地主にの売却する場合は地主の承諾はいらないので東京都の場合は70%になる。このように借地権の取引対象によって借地権割合

が異なってくることを注意する必要がある。

 

 

----------------------------------------------------------------------
栄光神奈川鑑定
住所: 神奈川県川崎市川崎区渡田向町20-3
電話番号 : 044-589-5436


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。